IMG_20160515_233503

宅録はじめました!(+ 機材メモ)

以前から憧れていた宅録をついに始めました!!やったねヾ(๑╹◡╹)ノ”

まずはこちらをお聞きください!

このデモはLogicを使ってアコギを録音した後にLogicのDrummer機能でドラムを入れた感じになります。

さて、この記事では今の時点の機材とその値段をメモしておこうと思います。なおLogic以外はサウンドハウスでの値段を書いています。

①DAW

まずはDAWですね。DTMをやるにしろ録音するにしろ、もうなんでもコイツに任せておけばいいみたいなソフトウェアです。

僕はmacを使っているのでLogic Pro Xにしました。(糸冬)

なおアイキャッチ画像の背景にはSONARが映っていますが、これは2~3年前に購入したものでして…WindowsのPCで打ち込みをちょこっとやっていました。

が、、、当時はすぐに挫折してしまいましたね…(´・◡・`)

なんというか当時使っていたPC画面の画面が狭くて解像度も低く、操作性が悪すぎてストレスフルでやめてしまった気がします。やはり広いディスプレイと快適な操作性は非常に重要です。。。

ちなみにLogic Pro Xは23,800円でした。

スクリーンショット 2016-05-16 0.05.26

 

 

②オーディオインターフェース

次はオーディオインターフェースです。PCと電子楽器・マイクをつなぐには必須アイテムです。

最初はBEHRINGER UM2をサウンドハウスで注文していたのですが、1週間以上待ってもメーカーから連絡がなかったのでキャンセルし、代わりにSTEINBERGのUR12を注文しました。

結果的に良い品っぽいものを注文できたのでよかったです(こなみ)。

ちなみに注文時は9,180円でしたが、記事を書く時にサイトを見たら10,800円になってました。海外製品は値段がコロコロ変わるのでこわいです…(´・◡・`)

さらにちなむと、このSTEINBERG UR12にはCubase AIというDAWが付属しています。お金を節約したいならLogicを買わずにコレで済ますという手も考えられますね。

スクリーンショット 2016-05-15 23.59.09

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/200026/

③ダイナミックマイク

次はマイクです。僕はアコースティック系の楽器が好きなので、生音を録音するために購入しました。

マイクは楽器を録音するなら一番大事かなぁ〜と思い、業界標準と名高いSM57を購入しました。お値段8,618円也。

あと、ダイナミックマイク以外にもコンデンサーマイクというマイクがあり、この2種類が主流なのですが、コンデンサーマイクは高いし、違いがよく分からないドシロウトだったのでとりあえずSM57にしました。

ちなみに実際に録音してみて、以前まで使っていたZOOM Q3より解像度が高い音がするなぁと思いました。秘めたるポテンシャルは相当に高いマイクなのではないでしょうか(適当)。

スクリーンショット 2016-05-16 0.11.41

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/69778/

④モニタリングヘッドホン

どうやらDTMをやるにはそれ用のヘッドホンが必要らしいのでとりあえず買うことに。。。

僕はわりと音質とかには無頓着なタチなので、業界標準のSONY MDR-CD900ST(14,850円)を買わずにサウンドハウス謹製のCLASSIC PRO CPH7000(4,298円)を買いました。

使ってみると、値段のわりにすごいいい感じの装着感ですし、音もけっこういい感じだと思いました(こなみ)。音質とかほんとによく分からないんですよね…

スクリーンショット 2016-05-16 0.19.19

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/25126/

⑤マイクスタンド、マイクケーブル

このへんは何でもええじゃろwと思ってサウンドハウスで一番安いやつを買いました。

ちなみにスタンド(ブーム)は1,922円、ケーブル(XLRオス-XLRメス, 1.5m)は432円でした。

以上。

これだけあれば、マイクをちゃんとスタンドに立ててPCに繋いでDAWで録音していろいろ弄ることが出来ます。

さあ合計はいくらだったでしょうか…?

 

.

..

….

48,250円也。

 

…うーん。まぁ自転車と同じくらいの趣味ですかねぇ。

もちろん楽器は別に買う必要ありますし、それを考えると余裕で10万円は超えてしまいますね…(´・◡・`)

しかし、自分の演奏を録音して音楽を作り出すのは得難い達成感と充足感がありますし、以前から憧れていたことが実現できたので、音楽の趣味レベルのステージがひとつ上がった気がします。

これを見てくれた方も楽器や宅録やDTMに興味をもってくれると嬉しいです!ヾ(๑╹◡╹)ノ”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です