DreamRiserを弾いてみたよ!

Pocket

ガルパンはいいぞ。

僕が言いたいのは、これに尽きます。

…なんですが、ちょっと演奏のことも書いておこうかな、とブログを書きます。

この演奏は今までの中でもわりと気に入っている演奏になりました。ここ数週間、毎日毎日聴きまくっていたのでよい演奏になったのかと思います。

この演奏で一番苦労したのは、初っぱなのドコドン!って叩くところですね。。。

けっこう苦労して何度も撮り直したんですが、結局うまくできませんでしたね…(´・◡・`)

それからイントロ(0:11)の高音まで伸びるメロディーがハイポジションすぎて失敗しまくりました…こういうゴリ押し演奏は僕の得意技なのですが、4カポでカッタウェイ無しのふつうのクラシックギターだとちょっとハイポジがつらいですね。

それからAメロのコードチェンジが裏拍になってたりとか、メロディーが低いのでベースと合わせるのが大変だったりとか、普段ほとんど使わないコードが出てきてイレギュラーな押さえ方をしたりとか、Bメロからサビに移る時に盛り上げるのが難しかったりとか、2回目サビのコードが相当特殊なのでうまい押さえ方を探すのに苦労したりとか、メロディーラインを伸びやかにしつつもリズミカルにするにはどうすればいいのか等、原曲が聴きやすくて耳馴染みがよいわりに演奏まで持っていくのが結構大変でした。

結果的にいつもよりも工夫を凝らして演奏してみたつもりです。

ひとりのガルパンおじさんとして、この作品に関わる曲の演奏が公開できてとってもハッピーです!ヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

 

 

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です